造花のプレゼントは失礼!?彼女への誕生日のお祝いにおすすめの商品紹介と造花をプレゼントする意味

造花っていうと、なんかちょっと安っぽいっていうイメージありませんか?

それをプレゼントにするなんて、ちょっと考えられない。って私も思っていました。

でもでも!調べてみると、造花は知らないあいだにすごい進化を遂げていたんです!

プレゼントに造花。アリ!です。

素敵な造花。ご紹介していきたいと思います!

造花を彼女にプレゼントするのは失礼!?もらった女性の反応

従来の造花をもらった女性の反応

調べてみると、従来の造花に対するイメージは厳しいものがあり、もらったときの反応もあまり良くないことが多い模様。

  • 造花は安っぽいのでやめておいたほうがいいと思います。飾りたくないけど、捨てるのも…という感じです。もらった瞬間喜べて数日楽しめるので生花にしてください。
  • せっかくのプレゼントに造花は悲しいです。すぐ枯れるとしても生の花をいただきたいです。女性なら誰しもそう思うんじゃないでしょうか?
  • あまりよくないと思います。造花は死に花とも言われますし、失礼かも。プレゼントなら生花のほうが嬉しいかと。

どうせなら生花が良い。造花は失礼。

ずっと枯れないで残っているので飾る場所にも困るし、はっきり言って邪魔。

ネガティブ意見のオンパレードです。しかし、これは従来品の話です。

造花は進化している

アーティフィシャルフラワーsoup°
¥20,900 (2021/08/25 23:26時点 | 楽天市場調べ)

引用:creema

すごくナチュラルで、言われなければ造花と気づかないほどのクオリティ。

一般的な造花のイメージとは全く違いますよね。

こんな造花なら、贈り物にも喜んでもらえそうです。

特に気心の知れた彼女や奥様へのプレゼントなら、贈ったあとに手入れ不要で長くお部屋を華やかに彩ってくれる豪華な造花は喜ばれるのではないでしょうか。

彼女へのプレゼントにおすすめの造花はこちら

アーティフィシャルフラワー(高級造花)のブーケなら、高品質なので喜んでいただけると可能性が高いと思います。

ですが、造花というのはその性質上ずっと形として残るので、飾る場所や保管場所が必要となるものです。

この問題をクリアするにはどのようなものを選んだらよいでしょうか?

「生花の代用」ではなく、造花ならではのチョイスを

「生花なら数日だからいいけど、ずっと飾っておくのはメンテも必要だしイヤだな」という方もきっといますよね。

そこで、生花ではなかなかできない、造花ならではのメリットを活かしたプレゼントとして、アクセサリーや壁掛けを贈るのはいかがでしょうか。

引用:creema

生花ではアクセサリーを楽しむことは難しいですし、壁掛けのようなインテリアも数日で枯れてしまう生花では製品化しにくいので、日常的に楽しむことは難しいものです。

その点、造花を使用したものを採用するメリットはかなりあると言えます。

造花をプレゼントする意味とは

見た目以外のメリットデメリットも見ていきましょう。

枯れないという絶対的メリット

人口花のメリットは何と言っても劣化しづらいことです。また水やりがいらないので、メンテナンス性が良いこともメリット。

日当たりや風通しなどを気にする必要もありません。

また、虫が付く心配がないので衛生面も安心。アレルギーを起こす花粉も出ません

風水上は良くない(デメリット)

風水では、造花は作り物なので生気がないので、生命力がなくニセの運気を運んでくると言われています。

そのため、風水を重要視している方に、贈り物として造花を贈るとあまり喜ばれない可能性大です。

ただ、造花自体がいけないものではないので、生花の代わりとして使うのではなければ問題ない、という考えの方もいます。

お見舞いや快気祝いにも良くない(デメリット)

快気祝いは「病を水に流す」という意味が込められています。

生花であっても長持ちする花は「病気が長く続く」という意味になるので、お見舞いの花には好ましくありません。

確かに闘病は良い思い出ではない場合もあるでしょうし、記憶として残るものをもらうのは好ましくない気がします。

退院やお見舞いのタイミングで、造花を贈るのは避けたほうが良いでしょう。

まとめ

  • 「安っぽい」「死に花と言われているし失礼だと感じる」など昔からの造花のイメージが強く、ネガティブな感情を持つ人が多い
  • 最近の造花はクオリティが高く、生花と見間違えるくらい素敵なものもある
  • 造花を贈るメリットは長期間楽しめる、虫が付かない、花粉アレルギーの心配がないなど
  • 長持ちする特徴を活かし、アクセサリーやインテリアなどに加工されているものの方が喜ばれる
  • 風水を気にする人や病気のお見舞いには適さないので贈る相手の事情を考慮した方がよい

従来の造花はあまり喜ばれない印象がありましたが、技術の進化により贈り物としての価値はずっと上がっていると感じました。

ただ、生花の代わりとして考えるよりも、造花だからこそできるお花の製品を選ぶと、喜ばれるのではないかと思いました。

生花にはない良さがある造花、アーティフィシャルフラワー。ぜひ一度、贈り物として検討してみてはいかがでしょうか。